WP5.0にアップデートでエディターが日本語にならないときの対処方法

WordPressが5.0になって、投稿時のエディターに戸惑っている人も多いでしょう。

私も、初めは「Classic Editor」をインストールして使っていましたが、いずれ変わるのなら、今のうちから使っておこうということで、「Gutenberg」(新しいエディターのこと)を使っています。

さて、みなさんはWordPress5.xにアップデートした際、エディターは、日本語になっていたでしょうか?

私はいくつかワードプレスのサイトを持っているのですが、日本語になったものと、ならないものがありました。

でも、そのうちアップデートしたら、日本語になるんだろとのんびりしていましたが、全然日本語にならない!

ということで調べたんですが、

WP Multibyte Patch 」が、今度から付いてこないのでインストールしましょう!ということしかわかりませんでした。

もちろん、一回削除して入れ直してみましたが、入れ替えただけなので何も変わりません。

結論「Gutenberg」をインストールする!

アップデートした時点で「Gutenberg」にはなっているんですが、日本語のモジュールは入ってないみたいです。

なので「プラグイン」から、「Gutenberg」を検索して、インストールしましょう。

これで、日本語に変換されました。

めでたしめでたし。