小学校英語の教科化はいつ?楽しく学べるおすすめの本はこれ!

今まで小学校では英語は総合学習の時間に行われてきました。

2011年には5年生と6年制で年間で35時間必修として行われてきていましたが、実は教科にはなっていなかったので、教科書もありませんでした。

現場の担当教師が資料を用意して独自に行なっていた学校もあったようです。

今まで小学校での英語活動は、勉強というより英語に慣れ親しむというのが目的だったようです。

ですから指導する方も楽しく学べるように歌や絵、ゲームなどを通して遊びの中で慣れるという形が多かったようですが、勉強となると「慣れ親しむ」から「読める、書ける、覚える」という形になってきますので、今までは楽しかった英語もとたんに、つまらなく嫌なものになってくるようです。

中学校の英語だって、振り返れば決して楽しいものではなかったですよね。

 

また先生方も英語が授業となると、自分自身の英語指導の勉強も必要になってきますので、負担が大きくなってくるのではないかと思います。

 

小学校で英語が授業化になるのは2020年オリンピックの年です。

諸外国に比べ母国語(日本語)しか話せない人が大半の日本人はこれからのグローバル社会の中で、せめて英語は身につけていたいものです。

自分の子供にも英語は使えるようになってほしいと思っています。

 

なので小学校からの英語の授業化はとても素晴らしいことと思います。

ただ、できれば日常の中で使える英語が身につくような授業であればと願います。

 

さて、今回この記事を書いたのは、私の友人のサマンサ英子さんがなんと初出版を果たしたからなんです!

彼女は東京の江古田でキッズブラウン英語教室をやっており、それこそ楽しく身につく英語教室としてとても人気があります。

 

私と彼女は実は直接、顔を合わせたことはないんですが、同じコンサルティングを受けていたグループで紹介してもらい、ホームページを作成させていただきました。

今ではホームページの相談やメールのやり取りをしたりしています。

キッズ・ブラウン江古田教室

 

年頃のお子さんがいるご家庭は是非、本屋さんでパラリとご覧になっていただけると嬉しいです^^