先週に引き続き、秋田での活性誘導水のイベントの様子をyoutube⇒ニューエイジTVにアップしました。

今回は第2部の様子で、質疑応答がメインです。

いつも取材をしていて思うんですが、活性誘導水を利用している酪農家の方は、本当に仕事熱心で実験好きな人が多いように感じます。

どうやったら牛が病気にならないか?草をたくさん食べてくれるか?をいつも考え創意工夫しています。

 

それまでエサ屋さんや農協等に言われるまま購入していたビタミンや肥料や飼料を使っていることに疑問を持ち、現状が良くなっていない事に「本当にこれでいいのか?」と疑問を持った人たちが多いようです。

 

世の中はたくさんの商品で溢れ、膨大な情報に振り回された消費者が、最近ではTVの情報だけではなく、ネットで情報を探し自分の意思で商品を購入する人が多くなってきている中、なぜ農業や酪農の人たちは、ちょっと変だと気づきながらも言われるがままに、ビタミンや肥料や飼料などを買っているのか甚だ疑問です。

 

経営に直結してくることなので、もっと真剣に考えてはどうなのか?と思います。

 

これは農業者の方々だけではなく、我々仕事をしている人たちも、なんでも鵜呑みにするのではなく、普段から「なぜ?」と思う癖をつけておけば、きっと新しい発見があるでしょう。