動画を面白くするために複数のビデオカメラで撮影するのがおすすめです。

でもそこで問題なのが、編集の時に映像をどうやって同期させるかです。

同期させる編集ソフトもあるんですが、撮影の時にちょっとした事をするだけで簡単に同期させることが可能です!

ではご覧ください。

動画撮影を複数台のビデオカメラで撮るのはなぜ?

動画撮影を複数台のビデオカメラで撮るのはなぜかというと、

  • 見ている人を飽きさせないため
  • 動画を最後まで見てもらうため

というのが一番の理由です。

 

人は同じものを3秒以上見ると飽きるそうなんです。

なので3秒毎に映像を切り替えて、刺激を与えると飽きずに見てもらえる可能性が上がるわけです。

それには複数台のビデオカメラで撮影する事が必要ですよね。

 

注意してみているとドラマや映画でも数秒ごとに画面が切り替わっているのがわかると思います。

今度、心のかなで「1,2,3」とカウントしながら見てみてください。

 

なのでyoutubeで一人喋りをする時もインタビュー動画を撮る時でも、数台のカメラで撮影すると最後まで飽きずに見てもらえる動画が作れると思いますよ。

動画の内容が大事なのは言うまでもありませんが。

複数の映像を同期させる簡単な方法!

複数のカメラで撮影した場合、問題になるのは、録った映像や音声を合わせることですよね。

まさか数台のカメラを全く同時に動かすのは手作業では無理ですから、編集の時に同期させる必要があります。

編集ソフトによっては、同期させる機能が付いたものもありますが、一番手軽で簡単な方法をお教えしましょう!

それは「手を叩く」です^^

映画などで使う「カチンコ」って知ってます?

こんなやつです。

 

これってここから撮影しますよって合図するものなんですが、これを手でやるんです。

手順ですが・・・

  1. カメラの録画ボタンを押す
  2. カメラに映るところでカウントし⇒「3」「2」「1」手を叩く!
  3. 以上

編集の時は、手を叩く「パチン」という音声の波形を見て頭を合わせます。

 

ちなみに声で「3,2,1、ハイ!」でも良いんですが、手をたたく音に比べ波形が太くなるのでちょっと合わせづらいです。

声でやる時は「ハイ」という声を鋭く言うと良いでしょう。

本格的にカチンコでもいいんですが、手をたたくのは手軽なのでおすすめです。

まとめ

まぁ聞いてみればなんてことないことなんですが、私は「なるほどね~」と思ったんです^^

ただ、撮影されている人はこの「3,2,1、パチン!」がドキっとするそうなので、はじめに「こういうの入れますよ~」見せておくか、言っておいた方がいいです。

あと、パチンのあとに、焦って話しはじめてしまうので「一呼吸置いてから」と言っておくと緊張して頭から失敗することも少なくなります。

是非、やってみてください。

ではでは。